治験ご案内

治験とは


医学は着実に進歩し、より良い医療が提供できるように薬の開発もなされています。新しい薬が病院や診療所で処方されるためには、たとえ欧米で認可されている薬であっても、日本人の患者さんでの臨床試験(治験)を行い、体格や体質に応じた用法用量や安全性有効性などのデータを収集解析し、非常に厳しい厚生労働省の審査を受けなければなりません。
このように新薬が発売になるまでには、いくつもの研究や実験(動物実験など)で、有効性安全性を確認した後、初めて日本国内で患者さんに協力していただいて「効果」や「安全性」とくに日本人の体質や体格に応じた量の設定などの試験をする必要があります。この試験を臨床試験(治験)といいます。この結果を元に厚生労働省に新薬として認めてもらう訳です。昔は大学病院や大手の病院でしか、このような治験がなされていませんでした。しかし最近になって、我々第一線の臨床医が新薬開発の治験協力ができるようになりました。これにより患者さんの不利益にならないように、また患者さんの意向を十分に聞きながらより安全で、かつ公正な治験ができるよう努めています。
メリットとしては、ご協力して頂ければその間の診療費の一部は製薬会社から支払われます。また交通費などの負担を軽減するために来院毎に負担軽減費も支払われます。さらに治験では、全身状態を詳しく分析するために保険ではできないような検査もしますので、自分の健康状態を詳細に知ることができます。治験期間は服薬に関することや来院日などいろいろ約束をお守り頂けなければなりません。この様にして皆様の協力の元で新薬が誕生することになるのです。

現在実施中の治験


当院では現在、高血圧、糖尿病の治験を行っています。
詳しくは窓口までお問い合わせください。